偽造されにくい書体について考えよう

法人印として使われる角印だけに限らないことですが、印鑑を作成する時には書体についてもこだわった方がいいと言われています。特に法人印などは偽造されにくいように作成する必要があるため、書体の知識は身につけておくといいでしょう。では、実際に偽造されにくい書体とはどんなものがあるのかについて紹介します。

まずはじめに識別されやすく、偽造がされやすい書体とは具体的にどんなタイプがあるのかということですが、識別しやすいのは楷書体や行書体です。これらは識別がしやすくなるので、基本的には印鑑に向いていないと言われる書体です。角印などは法人用の認印になるので楷書体や行書体でいいのではないかと思う人もいるかもしれませんが、個人の印鑑とは全く異なる場面で使用するものなので、認印であっても使用は避けた方がいいでしょう。

では、識別されにくい書体はどんなものがあるのかというと、人気なのは篆書体です。これは中国で古くから使用されている文字の形で識別もしにくいですし、仕上がりも美しくなるので選ぶ人が多いと言われています。また印相体も人気ですが、これは篆書体を基に作成されている書体で、識別がしにくく偽造も難しい文字になっています。安全性が高いので特にこの二つの書体は人気が高いと言われています。