印鑑を劣化させないための方法とは

法人印で角印などの作成を検討している人は多いかと思いますが、印鑑を作成する時にはなるべく壊れにくいものを選びたいと思っている人が多いのではないでしょうか。実際に印鑑は長く使用することが多くなりますが、壊れにくい印鑑を作成するためには作成前と作成後で知っておきたいポイントが2つあります。この2つについてここでは説明します。

まず作成前に知っておきたいこととしては耐久性の高い印材を選ぶようにすることです。印鑑は落としたり、ぶつけたりしないという保証はどこにもありません。使用していれば落としたり、ぶつけたりすることが考えられるので、それも考えて素材は慎重に選ぶ必要があります。

基本的に耐久性だけを見て購入する場合にはチタンの素材がいいと言われています。落としてヒビ割れの恐れも少ないと言われており、簡単に壊れることはありません。金額は少々高額になりますが、長く使用することを考えるとチタンはとてもオススメの素材といえます。そして、作成後はしっかりと保管ケースに入れておきましょう。ケースに入れておけば万が一落とした時にも印鑑に対する衝撃は抑えることが出来ます。チタンは耐久性に優れていますが、ハダカで保管するのではなく、ケースに入れて大事に保管することをオススメします。他にも印材の種類は沢山ありますが、最も耐久性に優れているのはチタンといえるでしょう。

関連サイト-印鑑の素材について